企業|企業速報 証券市場新聞

日本コンクリート工業(5269)は後場に入って急落。この日午後2時に発表した17年3月期第1四半期(4~6月)の連結決算は、営業利益1億8500万円(前年同期比44.6%減)と大幅減益で着地した。建設資材需要が伸び悩み、競争激化で収益性が悪化。第2四半期累計計画の営業利益7億5000万円(前年同期比41.7%増)に対する進捗率は25%にとどまり、利益下ぶれを警戒した売りが膨らんだ。

証券市場新聞

Pocket