ワールドマーケット|企業速報 証券市場新聞

下落相場の「命名」は?

 「米国金利上昇懸念ショック」「仮想通貨下落ショック」「AI取引の反乱ショック」などなどこの暴落に対し材料は満載だがこれだけ下がっても主たる悪材料は判らず歴史的な下落に対してもまだ下落相場の「命名」はされてない。
 過去、大幅下落した際には「上海ショック」や「リーマンショック」など直ぐに「命名」されたのに今回は未だない。

「AI取引の進化」が根底

 個人的には「AI取引の進化」が根底にはあるのではないかと思う。最近の大幅下落は必ずSQ週に起こっている。
 昨年11月9日のSQ前日に前場約400円高から後場に約500円安になるという異常な相場となった。

動かしやすい時に動かす

 SQに合わせてポジションを作っていた投資家が慌てて反対売買なりヘッジを掛けたため相場は大波乱となった。
 この時「AI」は「SQ週は動きやすい」と学習したのだろう。
それに加えて今回は裁定買い残も警戒水準まで達してて解消売りが出易い状態であった。「AI」にして見れば「動かしやすい時に動かす」やり方で仕掛けてきたようである。
 「AI」がSQ週は簡単に動かせると学習したため、今後もSQ週は同じことが頻繁に起こると思っていたほうがいいだろう。

米国市場で週末にSQ

 今週は米国市場で週末にSQを迎える。1000ドル強の下落を1週間に2度も起こしているだけに今週もSQに絡めた売買が活発になり上下に振れやすい状況であろう。
しかし、日経平均で見れば2万4129円の高値から直近の安値2万1078円まで約3050円(12.7%)下落した。

「突っ込み買いの吹き値売り」の短期売買

 週足で16年11月の1万7000円台から始まる上昇相場の下値トレンドラインは2万1000円前後に位置する。また、200日移動平均線も2万1000円処であり強い抵抗ラインとして機能しそうである。
 上値抵抗ラインは5日移動平均線(2万1800円処)、下落過程において5日移動平均線まで上昇させておいて後場から急落といったパターンが多くまずは引け値で同線を上回るか見極めたい。「突っ込み買いの吹き値売り」の短期売買で望みたい。(ハチロク)




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket