ビール|飲食 証券市場新聞

東京都心部で桜が満開

 東京都心部で桜が満開となるり、今年も桜の開花シーズンが到来してきた。桜の観光地名所に絡む企業や花見グッズを販売する企業はシーズンストックとして注目されよう。

名所でも見頃を迎える

 民間気象情報の世界最大手であるウェザーニューズ(4825)では「今週は暖かい日が続くため、東名阪や京都など西・東日本の開花時期は例年並~早い予想」とし、「桜の開花がグッと進み、東京都の靖国神社では満開に。その他目黒川沿いや六義園、熊本県の熊本城、宮崎県の西都原古墳群などの名所でも見頃を迎えている」としている。

花見に必要不可欠な製品は?

桜の開花が始まれば、花見に必要不可欠な製品の需要が拡大しそうだ。アルコール飲料では、サッポロホールディングス(2501)、アサヒグループホールディングス(2502)、キリンホールディングス(2503)のビール大手は桜のデザインパッケージ缶など季節限定品を発売、宝ホールディングス(2531)、オエノンホールディングス(2533)、ジャパン・フード&リカー・アライアンス(2538)の酒造関連を含めて注目されよう。おつまみでは亀田製菓(2220)、なとり(2922)なども見逃せない。

桜の名所の関連は?

 加えて、桜の名所といわれる観光地には海外からの多くの観光客も訪れることから上賀茂神社や平安神宮など桜の名所を数多く有する京都では、京阪ホールディングス(9045)や京都ホテル(9723)なども恩恵を享受する。

株式ニュース

Pocket