10日の東京市場(前引け)小幅続伸、日経平均は前日比12円88銭高

 10日前引けの東京市場は小幅続伸、日経平均は前日比12円88銭高の2万9040円82銭で引けた。米3年物国債入札が好調な結果となり米金利上昇の警戒感が後退したことを受けて10日のナスダックが3.69%の大幅上昇となったことを好感、買いが先行したが、一巡後は戻り売りに押され下げに転じる場面もあった。
 個別ではワタベが一時ストップ高、洋エンジ、東京製綱、エスクリ、Bガレージ、大日印、イーレックスが値上がり率上位に買われ、ソニーやレーザーテックも高い。半面、くら寿司、ケイアイスター不動産、UMCエレ、エムスリー、ビックカメラ、アイルは値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGやファーストリテも安い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる