東証|企業速報 証券市場新聞

16日前引けの東京市場は9日続伸、日経平均は前日比131円82銭高の1万9405円61銭で引けた。NY高や為替が1ドル118円台まで円安が進んだことを受けて金融株を含めて買われる展開。
個別では大有機化がストップ高、オハラ、コーセル、太陽誘電、ランド、日空ビル、ネクステージ、クスリのアオキHD、西日本FHが値上がり率上位に買われ、三菱UFJ、みずほ、日立も高い。半面、東海運、ディー・エヌ・エー、オルトプラス、日本マイクロニクス、さが美、任天堂、シンフォニアは値下がり率上位に売られている。

証券市場新聞

Pocket