東証|企業速報 証券市場新聞

29日大引けの東京市場は3日続伸、日経平均は前週末比66円82銭高の1万6255円23銭で引けた。為替が一時113円90銭台後半まで円安が進んだことを好感、一時は1万6464円超まで買われたが、その後は上海市場の下落を嫌気し、戻り売りにダレる展開。
個別では日本通信がストップ高、アイスタイル、リニカル、山一電機、アルテック、ビッグカメラ、日本電子、リョーサン、ベリサーブが値上がり率上位に買われ、日産自、東芝、日立なども高い。半面、熊谷組、スミダ、ネクステージ、ワタミ、タケエイ、サツポロHDは値下がり率上位に売られている。
証券市場新聞

Pocket