東証|企業速報 証券市場新聞

15日前引けの東京市場は反発、日経平均は前日比19円40銭高の1万9826円84銭で引けた。早朝の北朝鮮のミサイル発射を受けて朝寄りは安く始まったものの、下げが限定的であることから売り一巡後は買い戻しの動き。
個別ではオハラ、ヤーマン、フィックスターズ、古河電池、メック、安永、Hamee、群栄化、イソライト工業が値上り上位に買われ、任天堂やトヨタも高い。半面、ブラス、鎌倉新書、ダイニック、コーセー、バロック、クロップス、資生堂、ファーストロジ、PLANT、稲畑産業は値下がり上位に売られた。

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket