東証|企業速報 証券市場新聞

11日大引けの東京市場は3日続伸、日経平均は前日比13円82銭高の1万6579円01銭で引けた。為替が一時109円37銭まで円安が進んだことで朝寄りでは一時250円高近くまで買われたが、為替が再度180円台まで円高が進むと利益確定売りなどに押される展開。
個別ではイーブック、ネオスがストップ高、渋谷工やPCデポ、サンデンHD、ナガワ、住友重、コムチュア、フジミインコなどが値上がり率上位に買われている。半面、日本商業開発、ジャムコ、VTHD、東京応化、マイクロニクス、スターティア、岩崎電が値下がり率上位に売られ、丸紅なども安い。
週明けから上昇が続いていたこともあり、短期的な利益確定売りにも押されている。SQを週末に控えていることもあり、短期的な調整があるかもしれない。

証券市場新聞

Pocket