正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

高寄りのあとはジリ貧

22日午前の東京市場は小幅反発、日経平均は29円高です。前日の負う米株高を受けて買い先行で始まりましたが、高寄りのあとは戻り売りに押されジリ貧の展開でした。23日のジャクソンホールでのパウエルFRB議長の講演内容を確認したいとして、上値の買いが手控えられており、前場段階の東証1部売買代金概算は8258億円と閑散商状が続いています。ただ、日経平均は5日線をキープするなど全般下値は堅く、中小型材料株の個別物色は活発でした。

Wスコープを買い戻す

ピックアップ銘柄ではカプコン(9697)が底堅く、短期値幅取り候補ではブシロード(7803)が大幅高で連日で最高値を更新しました。前場はブシロードを噴き値でいったん利益を確定しましたが、利益確定売りをこなして切り返してきたため、買い直しています。追撃買いを入れた手間いらず(2477)や打診買いのマーケットエンタ(3135)も大幅高に買われました。一方ショートでは前日ストップ安のWスコープ(6619)を一段安場面で買い戻しています。引き続き全般の流れを見極めながら個別対処です。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket