正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

米株高と円安受け自律反発

 5日午前の東京市場反発、日経平均は159円高です。前日の米国株市場で主要株指数が揃って上昇、為替も円安に振れていることから、自律反発に転じました。経済対策がきょう閣議決定されることも買い気を誘い、先物への買いをきっかけに230円近くまで上げ幅を広げる場面もありました。もっとも、前場段階の東証1部の売買代金は1兆円に届かず、買い一巡後は伸び悩んでいます。

AICROSS、多摩川を利益確定

 スダック平均が9連騰となるなど、中小型株物色は続いていますが、前場は主力株主体の動きでやや精彩を欠いています。推奨銘柄ではAICROSS(4476)、多摩川(6838)の利益を確定する一方、アンビス(7071)、イーレクス(9517)に追撃買いを入れ、構造計画(4748)を買い直しました。引き続き強い中小型株で値幅を狙う方針ですが、物色の流れを見極めながら、銘柄を選別していく考えです。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

Pocket