記者の視点|企業速報 証券市場新聞

ファーストリテの株価動向に関心【記者の視点】

 為替が再度107円台に突入するととともに指数の動きも重苦しくなった。昨晩はNYダウ高でも225先物は軟調に推移、この日の時間外でのNYダウ先の下落は利益確定売りの範疇で、上海市場が比較的堅調な動きを考慮すると東京市場の弱さが印象的だった。昨年末から連休中に海外市場安からCMEでの225が値を崩していることから、3連休前のポジションを外す動きがあるかも知れない。主要企業では引け後にファーストリテイリング(9983)などの決算発表を控えていたことも警戒された。そのファーストリテの1Qは8.1%営業減益。市場コンセンサスを下回る内容。この日の下落で織り込んでいるのかは分からないが、明日の動き次第では指数の動きに影響をもたらすかもしれない。




株式情報と相場見通し

Pocket