3万8863円超えなくば戻り売り【転ばぬ先のテクニカル】

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞
目次

上値重たいことが印象づけられる

本日の東京株式市場は小幅に続伸しましたが、やはり上値が重たいことが印象づけられました。

過度な警戒感和らぎ米主要3指数は反発

14日のNY市場では4月の生産者物価指数が発表されました。市場予想の0.3%を上回る0.5%上昇となりましたので、本来ならインフレ鎮静には程遠いとなるところですが、3月分が下方修正されたため、過度な警戒感が和らぎました。そのため主要3指数はNYダウ、S&P500が反発し、ナスダックは続伸で最高値を更新しました。

抵抗帯突破も戻り高値抜けず上げ幅縮小

このNY株高を受けた今朝の東京株式市場は買い先行スタートで、日経平均は一時3万8816円高値までありました。このところ抵抗帯となっていた25日、75日、5月SQ値が収れんする3万8500円近辺を抜いたことで、買い転換の可能性が出ましたが、4月19日安値(3万6733円)以降の戻り高値である5月7日の3万8863円抜けには至らず、その後は上げ幅を縮小し、前日比29円高の3万8385円に押し返されました。

日足ローソク足は上髭の陰線形成

結局は上値レジスタンスラインを超えることが出来ず、日経平均の日足ローソク足は上髭の陰線形成となりました。今後、3万8500円近辺のレジスタンスラインを超えたとしても、5月7日高値の3万8863円以上で引けるまでは戻り売りということになりましょう。

ヘッジファンドは市場の急変に備える

もっとも今晩は4月の米消費者物価指数及び小売売上高が発表されます。市場はこの両指数によりインフレ度合いを見極めたいとしており、ロイター通信によると、この日までにヘッジファンドが過去5カ月中最速ペースで個別株を売っていると伝えています。結果が出る前に、ポジションを縮小し、市場の急変に備えるために現金化を急いだということです。

消費者物価指数コンセンサス上回るか下回るか

マーケットのコンセンサスは消費者物価指数の前月比が0.4%上昇、前年同月比では3.4%上昇のようです。この数字を上回るのか下回るのかが重要ということになります。

日々勇太朗

 

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

Error! The button ID (94818) you specified in the shortcode does not exist. You may have deleted this payment button. Go to the Manage Payment Buttons interface then copy and paste the correct button ID in the shortcode.

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次