高嶺の花【星野三太郎の株街往来】

目次

最上位で23万9800円

毎年9月の恒例行事とえば新型iPhoneの発売。テレビ発売当日に並んで購入する方が映しだされているが、アップルの公式サイトでみると最上位モデルのProMaxモデル1TBで23万9800円となっていた。携帯キャリアの購入支援プログラムなどの割引を活用すればもちろん公式価格より安くは買えるが、この金額だと筆者が春に買い換えたノートPCが3台買える金額。やはり円安や電子部品価格の高騰などはあるものの、高嶺の花に感じてしまう。

EVになると更なる高額

それでも新型iPhoneに毎年買い換える人は筆者の周囲にも少なからず存在する。スマホは物心付いたときからiPhoneしか利用しない層には選択の余地は1択しかなく、長年培った信頼とブランド力は大きい。
スマホに限らず、自家用車も今では軽自動車でも200万円超えする時代だ。EVになると補助金なしでは更なる高額になるが、先進国ではかなり低い最低賃金の日本ではスマホや自動車を購入するハードルは更に高くなる。貧乏に感じる日本を先進国平均にまで改善してほしい。

 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる