大証|企業速報 証券市場新聞

米電気自動車メーカーのテスラ・モーターズの乗用車「モデルS」が自動運転機能作動中に死亡事故を起こしたことが伝えられた。米道路交通安全局(NHTSA)によると5月7日に米南部フロリダ州の高速道路で発生したとしており、強い日差しが原因で運転手も自動運転機能も侵入するトレーラーを認識できず、ブレーキが作動しないままトレーラーに潜り込む形で衝突し、運転していた男性が死亡したと報じられている。
「モデルS」の自動運転についてはニュース番組でも自動走行の実演が紹介され話題を集めていたのを覚えている。今回は「非常にまれ」としているが、極めて低い確率でも事故が発生すれば自動運転への信頼はゼロになってしまう。株式市場でも関連銘柄が物色されていたが、それには多くの投資家に「トラブルは発生しない」という思い込みや信頼があった。今後は日本企業も開発スケジュールの変更などを余儀なくされるかも知れない。AI(人工知能)で全てが自動化になることが期待されているが、一番信頼できるのは人間である自分自身。人間が作りだす技術はそれを超えることができない。今回の事故はそれを再認識させられるものだと思う。

Pocket