取材メモ|企業取材 証券市場新聞

底値離脱に期待

 NFKホールディングス(6494)の株価は8月上旬までの200円前後の揉み合いから8月17日に109円まで急落していたが、目先的な売りが一巡し底値離脱が期待される。
 工業炉用燃焼機器が主力で、省エネを実現した蓄熱型交互燃焼装置に強みを有している。

オリンピアとの提携効果表面化

前期は一部の進行基準適用案件において原価が想定を上回る事象が発生していたが、自動車関連会社から各種アルミ熱処理設備、大手鉄鋼会社から予熱用バーナ設備など受注は回復傾向となっており、19年3月期は通期連結売上高で25億円(前期比5.5%増)、営業損益で8000万円の黒字(前期700万円の赤字)と黒字転換を見込む。事業提携先のオリンピア工業の超低NOxバーナは中国都市部の厳しい環境基準をクリアしており、中国全土での展開に期待。
(と)

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket