ドラフトが急反発、積極投資で今後の成長期待

 ドラフト<5070>が急反発。日本経済新聞が売上高100億円以下の上場企業を対象に実施した調査で、2020年4~9月期の投資キャッシュフロー(CF)と研究開発費の合計額が大きい企業の2位にランクインしたことが買い手掛かりになったようだ。調査では「投資CFの支出超過が約6億8200万円と、事業で得る現金を示す営業CFの流入超過(1億5800万円)を大きく上回った」としており、コロナ禍でも投資に積極的で、今後の成長が期待された。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる