ペルセウスがストップ高、富山大学と新型コロナ中和抗体を共同研究

 ペルセウスプロテオミクス<4882>がストップ高。18日、富山大学、富山県と新型コロナウイルス感染症に対するスーパー中和抗体「UT28K」について、共同研究に関する覚書を結んだと発表したことが買い手掛かりになった。政府助成金などの獲得状況に応じて、非臨床試験、治験薬製造、健常人での安全性試験と患者への臨床治験の各ステップに分けて、実用化に向けた開発を進め、ワクチン投与が遅れているアジア各国への提供による国際的な医療貢献を目指すとともに、将来的な大規模感染症の発生時、国産中和抗体治療薬を安定的に提供するための製造・備蓄体制を整備していくとしている。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる