企業|企業速報 証券市場新聞

高松グループ(1762)が反発、自社株TOBで株価浮揚効果を期待

 高松コンストラクショングループ(1762)が反発。24日取引終了後、発行済み株式数の1.7%にあたる66万株、金額にして18億4629万円を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施すると発表したことを受け、需給改善や株式価値の向上による株価浮揚効果を期待された。主要株主の三孝社が保有株の一部を売却する意向を示したことに対応することが目的で。買い付け期間は1月25日から2月22日まで。買い付け価格2797円。




証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket