IT|企業速報 証券市場新聞

ブレインP(3655)が大幅高で7日ぶり高値、2Q上振れ着地で営業利益4.9倍

 ブレインパッド(3655)が大幅高で7日ぶりに昨年来高値を更新した。9日取引終了後に発表した18年6月期第2四半期累計(7~12月)の連結決算は計画を上回り大幅増収で利益が急拡大したことが買い手掛かりになった。従来予想の売上高19億円に対し19億7100万円(前年同期比23.6%増)、営業利益6000万円に対して2億1100万円(同4.9倍)で着地。アナリティクス、ソリューションに加え、マーケティングプラットフォームの3事業そろって好調で、効率的なプロジェクト管理により案件利益率が想定よりも高まった。通期は営業利益3億円(前期比2倍)と従来予想を据え置いたが、2Qの進捗率は70.3%に達し、下期偏重型の事業体質であることから大幅な利益上振れ気期待された。

証券市場新聞 ~株式ニュースと相場見通し~

Pocket