企業|企業速報 証券市場新聞

キリン堂ホールディングス(3194)は反落。同社は13日大引け後に今16年2月期の連結業績予想を売上高で従来予想の1095億円から1129億200万円(前々期比4.5%増)へ、営業利益を22億5000万円から16億9900万円(同78.5%増)へ修正、利益の下方修正を嫌気している。調剤の伸長に加え、購買頻度の高いハウスホールド商品・食品を軸とした集客対策の効果により、売上高は上方修正となるが、連結子会社において、案件の獲得時期のずれが生じたことや中国で展開する小売店舗の不振などが圧迫している。
証券市場新聞

Pocket