下落|企業速報 証券市場新聞

三栄建築(3228)が急落で安値、一部大型不動産期ずれで18年8月期予想を下方修正

 三栄建築設計(3228)が急落、年初来安値を更新した。同社は3日の取引終了後、18年8月期の連結業績予想の修正を発表、売上高を1171億1100万円から1006億5000万円(前期比0.1%増)へ、営業利益を104億7700万円から79億5000万円(同16.3%減)へ、純利益を65億8600万円から47億5000万円(同21.4%減)へ下方修正した。販売を予定していた東京都中央区銀座中央通沿いの物件を含む一部大型不動産に関して、販売が計画通りにいかず翌期へと期ずれが発生している。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

Pocket