東証|企業速報 証券市場新聞

21日前引けの東京市場は続落、日経平均は前日比80円18銭安の1万6411円97銭で引けた。日銀金融政策決定会合の結果発表を控えて様子見気分が強い。
個別ではオルトプラス、タカタ、グリー、ソフトブレーン、ワイエイシイ、サイバーコム、GMO、神東塗料、杉本商事、名村造船が値下がり率上位に売られ、三菱UFJも安い。半面、クスリのアオキ、神戸物産、TASAKI、ネクステージ、クミアイ化、SMS、ユニゾHD、ユーシン精機は値上がり率上位に買われた。
証券市場新聞

Pocket