東証|企業速報 証券市場新聞

25日前引けの東京市場は17日続伸、日経平均は前日比25円61銭高の2万1830円78銭で引けた。24日のNY市場で主要指数が揃って反発、1ドル113円97銭まで円が弱含んだことを受けて一時は2万1900円台まで買われたが、その後は高値警戒感から値を消す動き。
個別では双信電機、北の達人、小松精錬、ニホンフラッシュ、栗田工業、モリ工業、東邦鉛、総合メディ、ペッパーが値上り上位に買われ、任天堂やSUMCOも高い。半面、栄研化、平和、電子材料、日立金属、豊和工業、ショーケースTV、田辺三菱、SMK、テイカは値下がり上位に売られた。

 

証券市場新聞 https://marketpress.jp/

Pocket