東証|企業速報 証券市場新聞

18日の東京市場(大引け)続伸、日経平均は前日比91円99銭高

18日大引けの東京市場は続伸、日経平均は前日比91円99銭高の2万2930円36銭で引けた。1ドル111円に接近する円安を好感、買い一巡後は週末要因で上値が重くなる場面もあったが、後場は若干強含みで推移した。
個別ではキャリアインデックス、マツオカ、セイノーHD、日本カーボン、エイジア、BEENOS、大真空は値上がり率上位に買われ、SMCやファナックも高い。半面、サニックス、エムアップ、日本製鋼、物語コーポ、宝HLD、メディアドゥHDは値下がり率上位に売られた。




株式情報と相場見通し

Pocket