東証|企業速報 証券市場新聞

18日の東京市場(大引け)6日ぶり反落、日経平均は前日比187円85銭安

 18日大引けの東京市場は6日ぶり反落、日経平均は前日比187円85銭安の2万2209円15銭で引けた。前日の米国株が3指数ともに小幅下落したことや、1ドル111円90銭前後前半まで進んだ円高から利益確定売りの動き、後場も様子見の動き。
 個別ではベクトル、パイプドHD、メガチップス、いちご、前田工繊、ネオスは値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGも安い。半面、JVCKW、トウキョウベース、八洲電機、ウエルシアHD、日亜鋼業は値上がり率上位に買われ、ファーストリテイリングも高い。




株式情報と相場見通し

Pocket