31日の東京市場(大引け)反発、日経平均は前日比227円43銭安

目次

31日の東京市場(大引け)反発、日経平均は前日比227円43銭安

31日大引けの東京市場は反発、日経平均は前日比227円43銭安の2万3205円18銭で引けた。新型肺炎について国際的緊急事態と宣言したWHOの会見を受けて、早期収束期待が高まり、NY市場が3指数揃って上昇。その後のCME225先物の上昇と中国PMIの内容を好感して、一時は2万3400円台に乗せる場面があり、その後は春節明けの上海市場の警戒感から戻り売りに伸び悩んだ。
個別ではダイトウボウと豆蔵HDがストップ高、ユーグレナ、明治海運、第一工業、SBテクノロジー、きんでん、アイネスは値上がり率上位に買われ、ソニーも高い。半面、M&Aキャピタル、日本M&A、ソフトブレーン、マンダム、リオン、アルプスアルパインは値下がり率上位に売られ、任天堂も安い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる