16日の東京市場(大引け)反発、日経平均は前日比20円64銭高

16日前引けの東京市場は反発、日経平均は前日比20円64銭高の2万23475円53銭で引けた。寄り付きは小安いスタートとなり一進一退の動きながら、その後はハイテク系の買い戻しの動きからプラス圏に浮上、後場も小動きで推移した。
 個別では新日本科学が一時ストップ高、丸三証券、DVx、WSCOPE、ライフコーポ、ヘリオステクノHDは値上り率上位に買われ、ソフトバンクGやソフトバンクも高い。半面、ディアライフがストップ安、レノバ、スカラ、ナイガイ、ツバキナカは値下り率上位に売られファーストリテも安い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる