9日の東京市場(大引け)小反落、日経平均は前日比27円38銭安

東証|企業速報 証券市場新聞

9日大引けの東京市場は小反落、日経平均は前日比27円38銭安の2万23619円69銭で引けた。8日のNY市場が3指数揃って続伸したものの、前日までの上昇から利益確定売りが優勢で、時間外でのNYダウ先や上海の上昇から後場の売り一巡後は戻す動き。
 個別ではダントーHD、C&R社、マルマエ、タキヒヨー、キャリアリンク、フージャース、日本触媒は値下り率上位に売られ東エレクも安い。半面、三桜工業がストップ高、ハイアス・アンド・カンパニー、SHIFT、アイモバイル、良品計画は値上り率上位に買われ、ファーストリテも高い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

東証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる