正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

方向感なく小幅続落

 4日午前の東京市場は小幅続落、日経平均は10円安です。小高く寄り付いた後は先物売りを交えて下げに転じましたが、円が弱含むと押し目買いが入りプラスに浮上するなど、一進一退の展開でした。前場段階の東証1部の売買代金は概算で8352億円と閑散商状が続いており、方向感はありません。

ソースネクストが新値追い

 ただ、下値は堅いことから、東証1部の値上がり銘柄数は1087と値下がり900を上回り、マザーズ指数やジャスダック平均が反発するなど中小型株を中心に個別には物色意欲の強い状況です。ピックアップ銘柄のゼンリン(9474)、ダイキン(6567)、ジャムコ(7408)いずれも堅調で、短期値幅取り候補ではソースネクスト(4344)が新値追い。引き続き新値抜けから一段高が期待できる強い銘柄の下値を狙っていきたいと思います。

花咲 翁

人気株式評論家のコラムや限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式有料メールマガジン




株式情報と相場見通し

Pocket