記者の視点|企業速報 証券市場新聞

4月27日の株式相場見通し|ファナックの影響を注視【記者の視点】

 この日の主役はアナリストコンセンサスを上回る好決算を発表した東京エレクトロンだった。同社株に刺激されて他の半導体関連が買い進まれ、日本電産の好業績も見直し買いを集めた。これに加えて材料株でマネックスが後場から急伸し、東京市場を活気付ける一因になっている。一方、大引け後に発表されたファナックは今期33%超の大幅減益予想を発表しており、明日の寄りからの動き次第では他の機械セクターへの影響も懸念される。北朝鮮との韓国との首脳会談や日銀金融政策決定会合の発表などが控えているが、ゴールデンウイーク前の週末ということもあり、売り買いともに手控えられる可能性もある。




株式情報と相場見通し

Pocket