7日の東京市場(大引け)反発、日経平均は前日比34円16銭高

東証|企業速報 証券市場新聞

7日大引けの東京市場は反発、日経平均は前日比34円16銭高の2万9730円79銭で引けた。朝寄り後は171高超にまで上げ幅を拡げる場面があったが、その後は上海市場の安寄りを見て173円安超まで下げ幅を拡げる展開で、その後は小動きに終始した。
 個別ではネクステージ、サイバーリンクス、ポピンズHD、グローバルキッズ、サインポスト、ジェイリースは値下がり率上位に売られ、マネックスGやエムスリーも安い。半面、東芝がストップ高、オリエンタル白石、三谷産業、東芝テック、モリテック、エノモトは値上がり率上位に買われ、レーザーテックも高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

東証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる