29日の東京市場(大引け)5日ぶり反発、日経平均は前日比200円76銭高

 29日大引けの東京市場は5日ぶり反発、日経平均は前日比200円76銭高の2万7782円42銭で引けた。ニューヨーク市場でナスダックが上昇、FOMCで具体的なテーパリングの時期が示されなかったことも安心感になった。上値は重く前引けにかけ伸び悩んだが後場は持ち直した。
 個別では東京機、ユナイテド海、トウキョウベース、乾汽船、マネックスG、ルネサスが値上がり率上位に買われ、アドバンテストやソフトバンクG、ソニーGも高い。半面、アイモバイル、中発条、H2Oリテ、ピーシーエー、サイバエージ、エレマテックは値下がり率上位に売られ、エムスリーやシマノも安い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる