27日の東京市場(大引け)大幅3日続落、日経平均は前日比841円03銭安

27日大引けの東京市場は大幅に3日続落、日経平均は前日比841円03銭安の2万6170円30銭で引けた。26日に開催されたFOMC後のパウエルFRB議長に会見が予想以上にタカ派内容だったことを受けて、時間外でのNYダウ先の下落とともに下げ幅を拡げ、後場は2万6044円まで下げる値の荒い動きとなった。
 個別ではグレイステクノロジーがストップ安、サイバーエージェント、ラスク、Sansan、サーバーワークス、FFJは値下がり率上位に売られ、ソフトバンクGや東エレク、日本電産も安い。半面、クロスキャット、東洋機械、SHOEI、山陽特殊、信越ポリマー、やまみは値上がり率上位に買われ、ファナックも高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる