4日の東京市場(大引け)反発、日経平均は前日比112円65銭高

目次

4日の東京市場(大引け)反発、日経平均は前日比112円65銭高

4日大引けの東京市場は反発、日経平均は前日比112円65銭高の2万3084円59銭で引けた。新型肺炎への懸念継続で朝寄り直後は117円超下げ幅を拡げたが、上海市場が反発となったこと受けて買い戻しの動きで後場は上げ幅を拡げ2万3000円台を回復した。
 個別ではダイトウボウがストップ高、Eガーディアン、山一電機、ITM、東計電算、レンゴー、ワールド、岩崎電は値上がり率上位に買われ、パナソニックも高い。半面、いであがストップ安、ニイタカ、WSCOPE、DTS、丸山製作所、アイロムGは値下がり率上位に売られ、NTTドコモも安い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる