1日の東京市場(大引け)小反落、日経平均は前日比1円69銭安

東証|企業速報 証券市場新聞

1日大引けの東京市場は反落、日経平均は前日比1円69銭安の2万3138円07銭で引けた。週明けのNY市場でダウが223ドル超下落したことを受けて前場は92円程度下げる場面があったが、中国8月財新製造業PMIが53.1で市場予想の52.5を上回ったことや時間外のNYダウ先が小高く推移していることもあり、11時前から買い戻しの動きとなり、後場は小動きに終始した。
 個別では内田洋行、日本ケミコン、フィックスターズ、HyAS&CO.、日工営、イトーキ、JDIは値下り率上位に売られKDDIも安い。半面、PRTIMES、LTS、ミダック、チェンジ、ヴィッツ、三井松島は値上り率上位に買われ、任天堂や三菱商事も高い。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

東証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる