12日の東京市場(大引け)続落、日経平均は前週末比61円00銭安

東証|企業速報 証券市場新聞

12日大引けの東京市場は続落、日経平均は前週末比61円00銭安の2万23558円69銭で引けた。米国で大統領選前の追加経済対策に対して懐疑的な見方が拡がり、先週末の高値更新後の利益確定売りに押される展開で後場も小動きに終始した。
 個別ではハイアス・アンド・カンパニー、カーブスHD、エスクローAJ、ベクトル、OSG、エコーTDは値下り率上位に売られソニーも安い。半面、ダントーHD、日本金属、日電波が一時ストップ高、ライク、オーケストラHD、JINSHD、セレス、ブイキューブは値上り率上位に買われ、ソフトバンクGや任天堂も高い。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp




株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

株は底値圏で大きくとるべし大伸経済の資料請求はコチラ!

Pocket

東証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる