トレンド出てきた材料株に打診買い【正直じいさんの株で大判小判】

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞
目次

続落もハイテク買いに下げ渋る

8日の東京市場は続落しました。日経平均は80円安です。世界的な新型コロナ感染拡大が警戒され、利益確定売りに押されましたが、朝方に220円超に下落したあとは下げ渋りました。前日の米株市場ではダウが下落する一方、ナスダックは最高値を更新したことから、半導体や電子部品などハイテク株が買われ下値を支えています。日経平均は3日に年初来高値を付けたあと、スピード調整局面にあると見られ、上値は重いものの深押しもなく、下げない相場が続いているのでしょう。

材料株の短期売買中心に

一方、前日下落が目立った小型株も買い戻され、マザーズ指数は反発しましたが、自立反発の域を出ていません。来週から再開されるIPOラッシュに備え、換金売りが上値を抑えると考えらえ、グロース系の新興株は今しばらく様子を見極める必要がありそうです。週末にSQを控え全般は膠着感が強まっており、当面は政策テーマに乗る材料株の短期売買が中心になるでしょう。

カプコンとサイバーダインは一段高

推奨銘柄はスマレジ<4431>やマクアケ<4479>、ストライク<6196>などほとんどが反発に転じましたが、きょうはEV、6G関連などのトレンドが出てきた材料株のなかから5日線レベルまで押し目を入れ、切り返しに転じた銘柄を中心に買いを入れました。前場は三櫻工業<6584>と大真空<6962>、後場は三光合成<7888>に打診買いを入れています。追撃買いを入れたカプコン<9697>とサイバーダイン<7779>は牡馬一段高に買われました。

 

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる