正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

円安進行で下値に買い

 13日の東京市場は小幅に3日続伸です。日経平均は88円高でした。米朝首脳会談の結果はほぼ予想通りで影響は限定的でしたが、110円台半ばまで進んだ円安が支えになり、主力株を中心に買いが広がりました。あすにFOMCの結果発表を控え、上値の買いは手控えられましたが、米利上げペースが加速するとの思惑から110円台中盤まで円安が進み、下値ではイベント通過後のアク抜けを意識した買いも入っています。

出遅れの中小型株に資金向う

 全般は薄商いで2万3000円を手前にこう着感の強い展開でしたが、ジャスダック平均株価が5日続伸し、前日終値を挟んでもみ合っていたマザーズ指数も後場上昇に転じました。材料の出た銘柄を個別に物色する一方で、売り込まれていた銘柄が見直されており、あすの動きを見極める必要はあるでしょうが、出遅れていた中小型株に資金が向かいやすい状況と考えています。

シスメックスは後場買直される

 ピックアップ銘柄のシスメックス(6869)は連日で最高値を更新した後、やや伸び悩んでいましたが、後場に入って買い直される強い動きでした。短期値幅取り候補について、きょうは大きな動きはありませんでしたが、おおむね堅調な動きで、あすに期待が持てそうです。今後は高値を抜けてくる強い銘柄に加え、出遅れにも目を向けて銘柄を取り上げていくつもりです。

花咲 翁

証券市場新聞 公式有料メールマガジン




株式情報と相場見通し

Pocket