正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

NY株安と中国株軟調で続落

 4日午前の東京市場は続落、日経平均は161円安です。NY株安を受け売り先行で始まり、いったん下げ渋りましたが引けにかけ売り直されました。110円台台前半まで円が強含み、上海や香港株が軟調に推移したことから、買いが手控えられています。

半導体関連が軒並み安

 資生堂など内需ディフェエンシブ銘柄には買戻しが入りましたが、米マイクロン・テクノロジー急落の余波で東京エレクトロンをはじめ半導体関連が軒並み安に売られるなど、全般に売りが広がり、中小型株にも値を崩す銘柄が目立っています。

個別はしばらく様子見

 後場は前日安値2万1574円が下値のメドとして意識されますが、買いが入りにくい状況に変わりはなく、底割れを回避できるかどうかを見守りたいと思います。ピックアップ銘柄のダイキン(6367)は下げ渋りながら、25日移動平均を下回ったままで、今しばらく様子見。短期値幅取り候補も一部を残していったん損益を確定しましたが、さらに銘柄を絞り込む必要がありそうです。

花咲 翁

証券市場新聞 公式有料メールマガジン




株式情報と相場見通し

Pocket