正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

朝高のあとマイナスに

10日午前の東京市場は5日続落、日経平均は61円安です。前日までの4日間で800円超下落していたことで、当面の突っ込み警戒感から買い先行で始まりしましたが、朝高のあとは次第に売りに押され、マイナスに沈みました。為替が1ドル113円台を割り込むなど円高に傾き、週末にオプションSQを控えていることも買いを手控えさせています。

アルゴグラフなどはしっかり

ピックアップ銘柄のダイキン(6567)、ジャムコ(7408)、任天堂(7974)、ゼンリン(9474)はいずれも弱含みましたが、25日移動平均水準をキープしており、引き続き押し目買いのタイミングを待ちです。短期値幅取り候補は上値が伸びませんでしたが、朝方買いを入れたアルゴグラフ(6796)、日本MDM(7600)などはしっかりで推移しており、手持ちのまま様子を見たいと思います。

引き続き好業績銘柄の押目買い

全般さえない展開ですが、日経平均は25日線レベルで下げ渋っており、自律反発は近いと見ています。今後、本格化する2Q決算をにらみ、引き続き好業績銘柄の押目買いスタンスで望みたい考えです。

花咲 翁




株式情報と相場見通し

Pocket