記者の視点|企業速報 証券市場新聞

強弱感対立も|【記者の視点】

 12日の東京市場は強含みで推移した。最大の要因は円安とソフトバンクGの上昇で、1ドル112円までの円安で、今後発表を控える輸出系には追い風なるとの期待が高まった。一方、ソフトバンクGは子会社の上場で、本体自体は投資会社としての存在価値が高まり、これを評価したファンドによる買い需要が指摘されていた。
 明日はSQが通過するが、国内では3連休も控える。為替次第との見方もあるが、トランプ爆弾発言への警戒もあり、強弱感が対立する構図か。




株式情報と相場見通し

Pocket