記者の視点|企業速報 証券市場新聞

レンジ相場の継続【記者の視点】

 12日の東京市場は3日ぶりに反落となった。日経平均では先週末の安値から530円超上昇したことから短期的な利益確定売りは想定内か。為替が1ドル111円40銭台で安定推移していることから過度な下値不安は後退しているが、通商問題への懸念が払拭されていない状況では上値は抑えられる。上は2万3000円、下は2万22200円のレンジ相場の継続と判断できよう。




株式情報と相場見通し

Pocket