東映アニメが新値追い【正直じいさんの株で大判小判】

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞
目次

4日ぶり3万円割れ

19日午前の東京市場は大幅続落、日経平均は288円安で4日ぶりに3万円台を割り込みました。長期金利の上昇や雇用情勢の悪化を嫌気して前日の米国株が下落した流れを引き継ぎ売りが優勢でした。安寄りのあとは一旦下げ渋りましたが、週末要因で利益確定売りや持ち高調整の売りが出やすいなか、時間外の米株価指数先物やアジア株安が重しになり、再び軟化しています。

アドテストやBASEが切り返す

推奨銘柄も大半が軟調に推移しましたが、前日に買いを入れた東映アニメ<4816>が新値追い、メルコ<6676>も底堅く、メルカリ<4385>やアドテスト<6857>、BASE<4477>も切り返しました。前場は高値保ち合いを上放れてきた日立造<7004>に追撃買いを入れましたが、米長期金利の動向や物色の流れなど状況を見極めながら慎重に対応したいと思います。

 

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる