グロースの出遅れ修正続く【正直じいさんの株で大判小判】

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞
目次

週末にかけ強調展開

前週の東京市場は週末にかけ強い相場展開になりました。前半は下値は堅いものの前の週からの上昇の反動と配当権利落ちの影響、米長期金利上昇への警戒感が上値を抑え、25日線レベルで揉み合っていましたが、後半は半導体関連を中心としたハイテク株がけん引するかたちで、上昇基調を強めています。米国で2兆ドルの財政出動計画が明らかになり、半導体生産支援やAI研究開発投資が盛り込まれたことや米長期金利上昇が一服したことも安心感を誘いました。週末2日の日経平均は465高とほぼ高値引けで、3万円大台を射程にとらえています。

アドテストが大幅高で新値追い

推奨銘柄ではアドテスト<6857>が大幅高で新値追い、サムコ<6387>やオムロン<6645>も出直りの動きを強めており、追撃買いを入れた大阪有機<4187>は引け後に好決算を発表しました。ハイテク株については金利上昇に対する耐性がついてきたようで、新興グロース株も底が入った様子です。当面は大型バリュー株に対する出遅れ修正の動きが続くと見ており、週明けからは追撃買いの一方で、個別に利益確定、戻り売りのタイミングを探る考えです。

 

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

正直じいさんの株で大判小判20.08|株式市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる