正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

売り買い交錯の末小幅続落

 3日午前の東京市場は売り買い交錯の末に小幅に続落しました。日経平均は6円安です。前日のNY株が上昇したことから、朝方はリスクオフの巻き返しで買いが先行しましたが、株価指数先物への売りをきっかけに上げ幅を縮小し、前場後半にはマイナスに沈みました。円が弱含んでいることで下値では買いが入り下げ渋っています。

下値へ警戒を強めざるを得ない状況

 米中貿易摩擦の行方を見極めたいとして、積極的な買いは手控えられており、前日に500円近く下げていたことを考慮すると弱い印象です。4日はNY市場が休場で、海外投資家の参加が少ないなか、仕掛け的な動きへの注意が必要で、買い戻し一巡後マイナスに転じているだけに、下値への警戒を強めざるを得ない状況になりました。

一部残して損益確定

 ピックアップ銘柄のダイキン(6367)も25日線を割り込み、強の安値圏で推移しており、しばらく様子見とします。短期値幅取り候補では太陽誘電(6976)をはじめほとんどの銘柄が底堅く推移していますが、一部を残していったん損益を確定したいと思います。

花咲 翁

証券市場新聞 公式有料メールマガジン




株式情報と相場見通し

Pocket