正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

JPモルガンの好決算が追い風

 12日の東京市場は続伸でした。高寄りの後利益確定売りに押され、小幅に下げに転じる場面がありましたが、円安を支えに切り返しました。ファーストリテの大幅高が指数を押し上げており、安川電機も減益見通しですが株価への織り込みが進んでいたようで、売り一巡後は下げ幅を縮める底堅い動きでした。
 明日15日はニューヨーク市場3指数の年初来高値更新を好感して日経平均は2万2000円を突破しそうです。JPモルガンの好決算を背景に東京市場でも金融株が買われる可能性はあります。ただ、主要企業の2月決算はほぼ一巡、23日の日本電産から実質的にスタートする3月決算の次期予想を確認するまでは、バイオ株を中心とする中小型の個別物色となりそうです。

チームスピリットも押し目買い

 具体的には3Dマトリックス(7777)やメディシノバ(4875)は上げ一服ながら、今後の臨床、製造承認などのニュースが株価を押し上げると考えられ引き続きマーク。1対2株株式分割を発表したチームスピリット(4397)も2Q決算は利益幅が拡大しており、押し目買いで問題ないでしょう。




株式情報と相場見通し

Pocket