正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

反発も小動き

 27日午前の東京市場は小幅続伸、日経平均は30円高です。前日の米国株式は反落したものの、時間外の米株価指数先物が高く、為替が1ドル105円70銭台で落ち着いていることから買いが先行しました。もっとも、前場段階の東証1部売買代金は概算で7642億円と相変わらずの閑散商状で、上値は買い手控えられ小動きに終始しています。

手間いらず利益確定しアンジェスを手じまい

 短期資金の動きも鈍っており、高値圏にあった材料株や好需給銘柄のなかに急落する銘柄が散見されました。まずは利益を確保することが第一と考え、前場は手間いらず(2477)やピーシーエ(9629)を利益確定、アンジェス(4563)は大幅続落ながら、これ以上の損失拡大を避けるためロスカットするなど、推奨銘柄の大半を手じまいました。強い銘柄に絞り込んで仕切り直す考えですが、値動きの鈍った銘柄はショートでも狙っていきたいと思います。

by 株価チャート「ストチャ」

株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン

購読会員限定コンテンツ

Pocket