決算と値動き見極め慎重に対処【正直じいさんの株で大判小判】

目次

ソフトバンクG買われ反発

祝日明け12日の東京市場は反発しました。日経平均は175円高です。スプリントとTモバイルの合併承認でソフトバンクGが大幅高に買われ、前日の米株市場でナスダックが連日で最高値を更新したことを受けた半導体関連株高がけん引しました。買い一巡後は伸び悩む場面はありましたが、上海株高がフォローになり、後場一段高となりました。

感染拡大への警戒感から上値重い

もっとも、新型肺炎感染拡大への警戒感がくすぶり、TOPIXはマイナスで引けるなど上値は重く、東証1部の騰落銘柄数は値下がりが1275と全体の6割を占めています。週末にSQを控え、あすは膠着感が強まりそうで、日経平均で25日線や5日線レベルでの下値サポート機能を試しつつ、決算を手掛かりにした物色が続くでしょう。

JMDCが反発

推奨銘柄では好決算ながら当面の利益確定売りに押されていたJMDC(4483)が反発に転じ、スマレジ(4431)や日ホスピス(7061)もしっかりで、後場はエスプール(2471)に打診買いを入れました。引き続き決算にらみで銘柄を絞り込み、値幅を狙っていく考えですが、発表後の値動きを見極めながら慎重に対処していく考えです。




株式情報と相場見通し

限定銘柄情報が満載!「証券市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

大阪・船場発の経済情報マガジン 経済市場新聞 economypress

「新時代になった株式市場に大チャンスが来る」2月22日(土)第4回 株式セミナー in大阪

Pocket

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる