ばら撒きの末路は?【星野三太郎の株街往来】

大証|企業速報 証券市場新聞
目次

あらゆるリスク資産が上昇

日経平均が30年6カ月ぶりの高値となり、ビットコインも一時5万円に乗せるなど、あらゆるリスク資産が上昇している。

今はバブル?

今がバブルかどうかは、後の時代にならないと判断できないだろうが、米国では生活支援のための給付金で個人がテスラ株を買って、株高で潤ったテスラがビットコインを購入し、一時は5万円に乗せるまでビットコインが急騰した。筆者の身近なところでも、事実上休眠状態の会社で持続化給付金などの支援金をもらっていながら、昨年末に投資用マンションを購入した人間がいた。

お金が本当に必要としている方に行き渡らない

その一方で、リストラで再就職探しに苦労する方が多く存在する。政府が未曽有のばら撒きを行うことはいい事だが、そのお金が本当に必要としている方に行き渡らないことに疑問を感じる。
この先、ワクチン接種の効果でコロナ禍以前の生活に戻れば、政府の給付金ばら撒きも終わりを告げることになり、その時には現状の株高や仮想通貨高も転機を迎えることになる。政府が財政難を理由に増税を行えば給付金で恩恵を受けなかった国民の不満が高まるだろう。

提供:株式市場新聞社 marketpress.jp
 

株式市場新聞 marketpress.jp 株式ニュースと話題の銘柄

限定銘柄情報が満載!「株式市場新聞 公式メールマガジン」

購読会員限定コンテンツ

Pocket

大証|企業速報 証券市場新聞

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる