正直じいさんの株で大判小判|企業 証券市場新聞

SQ週は警戒

2日の東京市場は大きく値を崩す展開になりました。米長期金利の上昇への懸念から主力株を中心に売りが広がり、日銀が固定利回りで無制限に国債を買い入れる「指値オペ」の実施を通知したことで下げ渋る場面はありましたが、時間外でのNYダウ先物の下落も下げ幅を拡げる一因になっています。米雇用統計を受けて週末のNY市場が暴落したことで週明けは急落でのスタートが想定されます。SQ週ということもあり先物主導による指数の乱高下には注意が必要。これに加えて直接的な影響はないかも知れませんがビットコインを筆頭に仮想通貨の暴落も個人投資家の投資行動に変化を与えないか注視しています。




2万3000円割れからの下値は売り込み難い

 もっとも、好調な企業業績と日経平均の予想EPSから2万3000円割れからの下値は売り込み難いと思います。きょうの急落場面で逆行高している好業績銘柄のKIMOTO(7908)と日本精化(4362)に打診買いを。5日の決算ではイビデン(4062)や日本触媒(4114)あたりの内容が注目です。

by 株価チャート「ストチャ」

花咲 翁

Pocket